- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

無期懲役と懲役30年

現状、無期刑(無期懲役)を受けた人は、在所30年以内には社会に出てきていません。
(前記事をご参照ください.)

在所期間の長期化については、途中での法改正がありました。

有期刑上限が15年 →20年に、
併合罪等加重がある場合の有期刑上限が20年 →30年に、
死刑・無期刑から有期刑に減軽した場合の有期刑上限が15年 →30年に、
それぞれ引き上げられたのは、2005年(平成17年)のことです。

平成18年版 犯罪白書 第6編/第3章/第3節/1
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/52/nfm/n_52_2_6_3_3_1.html
刑法等の一部を改正する法律案新旧対照条文(法務省)
http://www.moj.go.jp/content/000008309.pdf (PDF)

そうして、無期刑仮釈放許可になった者の在所期間はどんどん長くなっていきます。

平成17年版 犯罪白書 2-5-2-5図
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/51/image/image/h002005002005e.jpg
平成18年版 犯罪白書 2-5-1-3表
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/52/image/image/h002005001003h.jpg
平成26年版 犯罪白書 2-5-1-3表
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/61/nfm/images/full/h2-5-1-03.jpg


無期刑仮釈放。前は在所10数年で社会に出てきていた時代もありました。
さて「無期懲役」と「懲役30年」では、どちらが重いのでしょう?

法律でははっきりしています。
「死刑、懲役、禁錮、罰金、拘留及び科料を主刑と…する。」(刑法9条.)
「主刑の軽重は、前条に規定する順序による。ただし、無期の禁錮と有期の懲役とでは禁錮を重い刑と…する。」(刑法10条1項.)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M40/M40HO045.html

  懲役>  禁錮
無期懲役>無期禁錮
     無期禁錮>有期懲役 ですから
無期懲役     >有期懲役 です。(左が重い刑。「懲役30年」は有期懲役です.)

裁判例としてはどうでしょうか。
平成18.10.25大阪高裁判決は、一審の懲役30年を「軽きに失した」として破棄し、無期懲役を言渡しています。
また平成22.6.15大阪地裁判決は、「被告人を無期懲役に処するという選択も十分あり得る」としつつ、「一部とはいえ,複数の被害者との間で示談が成立」「前科関係やその性格傾向等からして,更生の可能性も十分残されている」などとして懲役30年を言い渡しています。

裁判所ウェブサイト
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=80478

いずれを見ても、
懲役30年は、無期懲役よりも軽いと言えるでしょう。
 
[PR]
by yoridocoro | 2015-06-19 01:08 | 法律雑学

無期刑(無期懲役)受刑者の仮釈放

無期刑は、
「刑期が終身にわたるもの,すなわち,受刑者が死亡するまでその刑を科するというもの」
です。
(法務省:無期刑及び仮釈放制度の概要について)
http://www.moj.go.jp/content/000057317.pdf (PDF)

無期刑のうち、無期禁錮は長年例がありませんから、実際には無期懲役です。

無期刑受刑者の仮釈放について、昔は、早くに社会に戻る例が見られました。
「昭和50年代までは毎年おおむね50人以上が許可を受けていた」
「在所期間も…昭和期には半数以上が在所16年以内であった」
(『平成16年版 犯罪白書』)
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/48/nfm/n_48_2_5_4_2_2.html#H005004002009E

しかし、それは昔の話です。
資料によれば、
平成25年の無期刑新仮釈放者は8人。
その受刑在所期間の平均は「31年2月」です。
(平成22・23・24年における数字は「35年3月」「35年2月」「31年8月」となっています)

無期刑を受けて
【平成19年以降、在所25年以内で出てきた人はいません】
【平成23年以降、在所30年以内で出てきた人はいません

(法務省:無期刑受刑者の仮釈放の運用状況等について)
http://www.moj.go.jp/hogo1/soumu/hogo_hogo21.html

(平成26年版犯罪白書 第2編/第5章/第1節/1
2-5-1-3表:無期刑仮釈放許可人員の推移)
http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/61/nfm/images/full/h2-5-1-03.jpg

さらに、「31年2月」という数字も、出て来れた人に焦点を当てた際の平均です。
平成21〜25年の5年間で、新規に仮釈放をもらって出てきた人は30人ですが、
施設内での死亡(獄死)は84人。獄死のほうがはっきりと多いのです。

30年を超え、40年以上、50年以上と刑務所に在所している人もいる、ということです。
(前記運用状況中の、表1-2)


どうか、昔のイメージで物事を語ることのありませんように。
 
[PR]
by yoridocoro | 2015-06-17 23:35 | 法律雑学