- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

兄弟姉妹の順序の定め方 2

改めて、基本的なところを考えてみます。
兄・姉とは何でしょうか。

広辞苑第6版では
 兄 :「同じ親から生れた年上の男」
 姉 :「同じ親から生れた年上の女」
とあります。
また、
 年上:「年齢が他より多いこと」
 年齢:「人が生まれてから現在までの経過期間を年または年月日によって数えたもの」
となっています。

時・分・秒についてはここでは触れられていませんが、年齢を「出生からの経過期間」ととらえれば、わずかな差であっても経過時間が長いほう(長く生きているほう)が年上であると言えるでしょう。

---
さて、戸籍法14条は、戸籍の記載順について
「氏名を記載するには、左の順序による。
 第一 夫婦が、夫の氏を称するときは夫、妻の氏を称するときは妻
 第二 配偶者
 第三 子  」(1項.)
「子の間では、出生の前後による。」(2項.)
と定めています。
http://bit.ly/twKH4A
つまり、子については、出生のタイミングが前である者が、戸籍の記載順も先になる、ということです。

ここで、戸籍には「兄」や「姉」という続柄は出てきません。
戸籍の続柄は、「父母との続柄」、つまり「父母であるその夫婦からみた続柄」となります。
「長男」や「長女」などが代表的ですね。

戸籍先例では、
「嫡出子の父母との続柄の定め方について...右続柄は父母を同じくする嫡出子のみについて同一戸籍内にあると否とを問わずその出生の順序に従い長、二、三男(女)と称し父又は母の一方のみを同じくする嫡出子はこれに算入しないのが相当である。」
(昭和22年10月14日民事甲第1263号 司法省民事局長通達.)
としています。
ですから、嫡出子であれば、その出生の順に、男なら「長男、二男、三男...」女なら「長女、二女、三女...」のように記載されるわけです。


2人の出生が「年・月・日・時・分」単位で同じこともある双子。
その場合でも、「出生の前後」「出生の順序」は、兄(姉)かどうか、長男(長女)かどうかなどを、定めてしまうのです。

---
参考(続柄について)
「1人でも仙人の続柄の話」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/zokugara3.html
 
[PR]
by yoridocoro | 2010-02-13 13:31 | 法律雑学

双子以上が出生の場合の兄弟姉妹の順序の定め方

筆者は双子なのですが、昔「弟ということは先に生まれたの?」と聞かれたことがあります。
双子の場合は、(通例とは異なった取扱いをし)先に出生した方が弟妹になるという見解。
実際の順序の定め方はどうなのでしょうか。

先に出生した方が兄や姉。これが当然なような気もしますが、昔はそうでもなかったようです。
双子や三つ子などの場合、後に出生した方が、先に母親の胎内に入ったはずだとし、兄姉となるとの考えがあったようで、文献でも、
「相模國足柄郡...前生ヲ弟妹トシ後生ヲ兄姉トスル習慣ナリ」
などと書かれています。
(「全國民事慣例類集」『明治文化全集 第8巻 法律篇』.本稿では外岡茂十郎「子の稻呼」『早稲田法学』19巻1号による紹介を参照しました.)
http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/1546/1/A03890546-00-019050001.pdf

しかし、順序の定め方は政府により決められます。
「婦女分娩ノ際稀ニ雙子又は三子等ヲ産スル者アリ」
「兄弟姉妹ノ順次定メ方...今後前産ヲ兄姉トシ後産ヲ弟妹ト定メ可然哉(しかるべきや)」
との伺いにつき
「前産ノ兒ヲ以テ兄姉ト定候儀ト可相心得事(あいこころえるべきこと)」
との指令が出ています。
(明治7年12月13日太政官指令.)

よって、現在では、通例のきょうだいと同様【先に出生した方が兄や姉】となっているのです。


なお、筆者の場合、帝王切開による出産だったそうで兄との出生時刻の差は「1分」と聞いていますが、もしこれが分単位で同時刻である場合どうなるでしょうか。

結論は同じで、【先に出生した方が兄や姉】です。
同時刻であったとしても、医師、助産師等が作成する出生証明書には
「多胎の場合には、その出産順位」
を記載しなければなりませんから。
(出生証明書の様式等を定める省令1条5号.)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S27/S27F03202004001.html

---
参考
「雑記草」http://gggzzz.cool.ne.jp/zakkisou/mukasizakkisou/0610zakkisou.html
 
[PR]
by yoridocoro | 2010-02-12 02:09 | 法律雑学