- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:雑学( 1 )

席確保の時機

客自らが座る席を決めるセルフ式のコーヒーショップ。
ただ、座る席を自分が決めるといっても、
【注文前に席を確保してよいかどうか】を、自分で決めてよいのでしょうか。


私の体験で言えば、
会計前席確保、会計後席確保のどちらの案内も受けたことがあります。

以前、お店の入口で「席はありそうですか?」とたずねたら、
「窓際のところに空きがございますので、どうぞ先に席をお取りください。」と
笑顔で丁寧に対応されました。

会計前席確保は、死に席時間は増えますが、
店内の安全及び利用客の安心感の向上につながるものと思います。
(実際に、都心のお店で、飲みものとフードを購入し2階に上がったら、
満席でかつ席も空かず、ホットのドリンクを立って飲み終えて店を出た経験があります)


対照的に。
以前、お店の会計列に人が並んでいるところで、脇を抜け先に席取りに行こうとする客に対して、
「お客様、客席は会計をお済ませになってからご利用ください。」と
毅然とストップをかけ対応している姿を見かけました。

会計後席確保は、カフェテリア等のように「商品を購入してくださったお客さま」に対し
席を用意し、本来の飲食や飲食後休憩のために利用してもらう形。
死に席時間もなく、これはこれで利用客の快適さにつながるものと思います。
(席を確保後、客は席を離れて商品を検討して選択し、購入してから元の席に戻る、だと
その離れている間、席を有効活用できていないのではという懸念があります)


席確保の時機。会計前・会計後、そのどちらかでなければならないとは言いません。
望むことは、店舗スタッフは、自分の店舗がそのどちらの方式なのか区別を意識してほしい、客に対し適切な案内をしてほしい、ということ。
お客様のよろしいように、では通用しないと思います。


改めて自分の経験を思い出すと。
実際に、都内のお店で、空席3つを確認した上で会計の2人目に並んだものの、
会計後席に着こうとしたら席がない(会計中に席取りのみの人が2組現れたため)
ということがありました。

結局。
私は、客として、案内表示に気を配りそれに従う、
表示がなく、混雑状況から席の確保に不安があるならば、
店舗スタッフに「先に席をとってもよいのですか?」とたずねる、
OKなら書籍等をテーブルに置き席を確保する。(バッグ・携帯電話は置かない)
という行動になるだろうと思います。
安心して利用したいという気持ちは大きいですから。。
 
[PR]
by yoridocoro | 2013-07-02 23:59 | 雑学