- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


裁判官らの定年2

先の記事で、裁判官・検察官らの定年について書きました。
もう少し比較してみます。

裁判官は、最高裁と簡裁だけが70歳定年で、ほかは65歳。
検察官は、検察庁トップの検事総長ひとりだけが65歳で、ほかは63歳。
ということでした。

対して、一般の国家公務員について見ると、原則的に60歳定年ですね。
「...定年は、年齢60年とする。」
(国家公務員法81条の2第2項.)
http://bit.ly/1dAwKrf
とあります。


さて。一般の国家公務員と裁判官・検察官らとの違いは、定年年齢の定めだけではありません。
退職(退官)する時季も異なるのです。
原則、一般の国家公務員は
「職員は...定年に達したときは、定年に達した日以後における最初の3月31日...に退職する。」
こととなっています。
(国家公務員法81条の2第1項.)
4月始まりの年度でいえば、その終わりのタイミングでの退職になりますね。定年年齢である60歳になった年度の最終日における退職です。

では、裁判官・検察官らはどうかというと、先の記事で書きましたように
「年齢(が)○○年に達した時に退官する。」
となっています。
これは、○○年(○○歳)になったら終わりですということ。「3月31日」のような一定の日付はありません。
そして、人が○○歳になるのは、【生まれてから○○年後の誕生日の前日の終了(午後12時)をもって】です。
(詳しくは http://yoridocoro.exblog.jp/10989053/ をご覧ください)

最高裁判事なら、70回目の誕生日の前日が終わるタイミングで退官になりますね。
例えば、1940年(昭和15年)4月6日生まれの藤田宙靖最高裁判事は、2010年(平成22年)4月5日付けで定年退官されました。
年度の途中であろうと、そこでスパッと退官になるわけです。
このことを「誕生日の前日限り」で退官、と表現されたりします。
 
[PR]
by yoridocoro | 2010-11-29 00:29 | 法律雑学
<< 基準値の表現 裁判官らの定年 >>