- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


自首のタイミング

自首、つまり、罪を犯した者が捜査機関に自分の犯罪事実について申告して、処分をゆだねることがあります。
では、その申告のタイミングについてはどうなっているのでしょうか。

法は
「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」
としています。(刑法42条1項.)
もう捜査機関から取調べを受けていて、取調べ中に「私がやりました。」と言っても、それは自供、自白したというにとどまり、自首をしたということにはならないわけです。

このタイミングについては、最高裁判例があります。
判例は
『刑法第42条第1項の「未タ官に発覚セサル前」とは犯罪の事実が全く官に発覚しない場合は勿論犯罪の事実は発覚していても犯人の何人たるかが発覚していない場合をも包含する』
として、
捜査機関において犯罪事実が判っていても犯人が誰か判っていない場合の申告について、自首になるとしています。
(昭和24.5.14最高裁判決.)

また、判決は続けて
『犯罪事実及び犯人の何人なるかが官に判明しているが犯人の所在だけが判明しない場合を包含しないものと解すべき』としています。
つまり、捕まっていない状態から自ら出頭して捕まえてもらったとしても、それがすべて自首になるわけではないのですね。
捜査機関はあいつが犯ったんだと追い、犯人は追われながらも逃走を続け。。という場合、テレビドラマ的には「自首して!」などという言葉も出てきますが、この状態は、すでに、刑法42条1項にいう「自首」ができる場合ではなくなっているのです。
 
[PR]
by yoridocoro | 2010-11-21 18:27 | 法律雑学
<< 裁判官らの定年 最高検は起訴できない >>