- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


子を連れた親が再婚したとき、連れ子同士は結婚できるか

子を連れた親が再婚したとき、一般に、連れ子同士は、血はつながっていませんが「きょうだい」になると言われます。
では、その連れ子同士が男と女で、恋愛感情を持ち結婚したいと思ったとき、法的に婚姻(結婚)は可能なのでしょうか。

まず、ルールを書きますと
「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。」(民法734条1項.)
「直系姻族の間では、婚姻をすることができない。」(民法735条.)
となっています。一定の近親婚は禁止されているわけです。
http://bit.ly/ry2Kn6

次に。子が親の再婚相手と養子縁組していない場合・している場合に分けて考えてみます。

a)養子縁組していない場合
親が再婚したことで、それぞれの親や子が事実上の家族になって一緒に生活していくことはあるでしょうが、そこでの連れ子同士の関係は何かというと、一方の子から見れば
「自分の親の配偶者の子」ですね。
新しく生活するようになった継父(ままちち)・継母(ままはは)の子ども、ということです。

血がつながっていないので血族ではなく、また直系姻族でもありません。
ですので、婚姻は禁止されていません。

b)養子縁組している場合
子が、親の再婚で現れた新しい親(継父or継母)との間で養子縁組している場合、子から見て、継父or継母の連れ子は
「自分の養親の子」ですね。
養子縁組すると、(法律上)血のつながりが生まれますから、その養親の子とも血族関係となり、二親等の血族となります。

ただ、血族といっても、養子の場合は、先のルールの
「直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。」の後に
「ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。」
と言葉が続きます。(民法734条1項但書.)
「養方の傍系血族(=自分から見て傍系となる、養親の子や兄妹姉妹など)」が相手なら婚姻禁止ルールは適用しない、つまり結婚できるという決まりなわけです。

(法律上)血がつながっている二親等の血族だけれども、養方の傍系血族なので、婚姻は禁止されていません。


よって、養子縁組があってもなくても、血のつながらない連れ子同士の婚姻(結婚)は可能です。
f0198071_16435844.jpg

[PR]
by yoridocoro | 2009-11-21 16:43 | 法律雑学
<< 親が再婚した連れ子同士は、姻族... 6か月と、1か月×6の違い >>