- 法律雑学 - ものごとの根拠を探ります.                   (やっしー)
by yoridocoro
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
法律雑学
雑学
以前の記事
2016年 08月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 09月
2014年 04月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
お気に入りブログ
学術系ブログの情報サイト
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


同じ戸籍に同じ名前はあり? 2

戸籍の話をもう少ししてみます。

先に、忙しい人のための要点。
・「同一戸籍内の者と同一の名で命名することは原則できませんが、すでに亡くなっているなど除籍されている(戸籍に×がついて消されている)人については例外で、その人と同じ名をつけることができます」

---
前回の記事で、子の名は「同一戸籍内の者と同一の名をつけることはできない」と説明しました。
では、どういう名ならつけられるかという方向からもう一度考えてみましょう。


1) 同一戸籍内の者でなければよい
例えば、家族でも祖父母の名と同じ名をつけることは可能です。
戸籍は、3代の者が一緒の戸籍に入ることはありません。
結婚すればそのときに、また結婚しなくても未婚の母として子を出生したときに、自分の親の戸籍からは除かれる(出て行く)ことになり、自分と配偶者、又は自分とその子の戸籍が新しく作られます。
なので、生まれた子からすれば、その祖父母は同一戸籍内の者ではないわけです。つまり、祖父母と同じ名をつけることができます。
実例として、秋篠宮紀子さまは、父方のお祖母さま「紀子」と表記上同じ名でいらっしゃいます。


2) 同一の名でなければよい
当たり前といえば当たり前のことですが(^^;
例えば、「真美」と「真実」、「一郎」と「一朗」などは、異なる字で構成された名ですから、同一の名ではありません。親が「一郎」で、その子に「一朗」と名をつけることは可能です。
異なる字なら、読み方が全く同じでも同じ名にはなりません。
読み方については、出生届に「よみかた欄」自体はありますが、それは住民票関係の事務処理で使うだけです。
戸籍では「名の読み方」は届出事項ではないですし、現在、戸籍に名の読み方が記載されるわけでもないのです。なので、読み方で審査されることはありません。

外国では子が親と同じ名というのもポピュラーなようですが、日本では先に述べたとおり制約があります。
ただ、例えば「一郎」の子に「一郎ジュニア」と名をつけたら、(漢字部分は同じですが)「一郎」と「一郎ジュニア」は異なる字で構成された違う名ですから、先の制約はありません。
(余談ですが「一郎Jr.」と名をつけることはできません。日本では子の名に使える文字にアルファベットは入っていませんから.)


3) 同一戸籍内でも、すでに亡くなっているなど除籍されている者であればよい
同一戸籍内の者でも、同じ名をつけられる場合があります。すでに亡くなっているなど除籍されている(戸籍に×がついて消されている)人については例外で、その人と同じ名をつけることができるのです。

戸籍先例では、死亡、婚姻等による除籍の場合に「出生子が入るべき戸籍中すでに除籍となっている者と同名の出生届」について「受理してさしつかえない」としています。
(昭和47年8月23日民事二発第420号 法務省民事局第二課長回答.)

実例として、昭和初期の日米野球の主将であった久慈次郎捕手と、その四男の方は同じ名でいらっしゃるそうです。(同捕手が死球で亡くなったとき、四男の方は母のお腹の中)
また、子が幼くして夭逝(ようせい)したときに、その後に生まれた子(弟・妹)に、夭逝した子と同じ名をつける例もあると聞きます。


名は、それぞれに思いがあるのでしょうね。大切にしたいものです。
[PR]
by yoridocoro | 2009-06-29 00:19 | 法律雑学
<< 徒歩による所要時間 同じ戸籍に同じ名前はあり? >>